不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

芦屋校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
南川 華奈先生

南川 華奈先生

先生からのメッセージ
「自分は本当にこのままでいいのだろうか」「学校に通えるようになりたいけど、どうしたらいいかわからない」「居場所が欲しい」東京大志学園では、そんな思いを抱えたあなたを待っています。芦屋校には、芦屋だけでなく神戸や阪神地区、大阪などいろいろな所から同じような経験をしているこどもたちが通っています。自分を変えるのは勇気がいりますが、今からできること、できそうなことを、私たちと一緒に取り組んでみませんか?今のあなたにしかできないことがきっとあるはずです。

実施しているコース

  • 通学コース

    週2〜5日プラン:42,000円/月、週1日プラン:20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    家庭訪問プラン:20,000円/月

    ファミリープラン:8,000円/月

    アフターケアプラン:10,000円/月
    【入会金:30,000円】

    ※通学コース週2〜5日プランの月会費については、2019年4月から2020年3月までは40,000円とし、2020年4月から42,000円となります。

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

芦屋校

芦屋校

〒659-0061
兵庫県芦屋市上宮川町4-1 2F

  • TEL 0797-38-7686
  • FAX 0797-23-1907
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【コミュニケーション力】稲刈り&芋掘りへ行きました

今日は待ちに待った課外活動です!!!!

神戸市の北区にある「あいな里山公園」が今日の目的地です。
朝9時に芦屋に集合して電車やバスを乗り継ぎながら目的地へと向かいました。

目的地に着いた後は動ける服に着替えて、稲刈りをしました。
最初はうまく刈れなかった子も、稲刈りが終わる頃には上手に稲を刈れていました。

稲刈りが終わった後は、お昼ご飯をいただきました。
豚汁と竃で炊いたお米は、稲刈りで疲れた体に染み渡りました。

ご飯を食べ終わった後はけん玉などの昔遊びや芋掘り、ザリガニ釣りをしました。

帰りのバスでは1日楽しく過ごした疲れからか、皆ぐっすりと寝ていました。
また新しく仲良くなれた子もたくさんいる様で、充実した課外活動になったように感じます。

これを機にいろんな人と仲良くなれると良いですね!
また明日からも頑張りましょう!

【コミュニケーション力】休み時間の風景

東京大志学園の特徴の一つに、
時間割の設定があります。
1コマ50分で6時間目まで授業があり、
その合間には休み時間も設けられています。
休み時間は生徒達は好きなことをして過ごしています。
何人かで遊びに取り組んだり、
少し一人でいたい時はちょっと集団を離れてみたりといった感じで、
各々のペースに合わせて過ごしています。

今日は、何人かで教室のタブレットを使用して動画を見て楽しんだり、
テリトリー戦略ゲームのブロックスをしたり、トランプをして過ごしていました。
遊んでいると、自然と人が集まってきます。
学年や性別も無関係で集まり、にぎやかで楽しそうな空気が今日も教室を包んでいました。


【キャリア学習】検定の時間

金曜日の午後は検定の時間が1時間あります。

この時間はそれぞれの興味や関心にあった資格などを調べ、個人のペースで学習していきます。英検や漢検などといったメジャーなものから、ニュース検定や世界遺産検定といった聞き馴染みのないのものまで勉強できます!

こういった様々な資格や検定の学習時間はなかなか機会もないですが、将来の職業について考えるきっかけにもなり、目標を立ててそれに向かって取り組む能力を養う重要な時間となるでしょう。

皆さんも一度、様々な資格について調べ興味の幅を広げてみてはいかがでしょうか?

【学習支援】卓球をしました

本日木曜日は、体育の授業がある日です。
今日はみんなで卓球をしました!

まず基本的なフォームを先生から教わって、
その後は生徒たちでペアを組んで、ラリーをしました。

出来るだけラリーを続かせるように努力しましたが、
やっぱり未経験者にはなかなか難しいですね。

今日は授業を体験しにきた子もおり、はじめは緊張した様子でしたが、
運動を通した他の生徒との関わりの中で度々笑顔が見られました。

運動の力は偉大ですね!

【コミュニケーション力】学園説明会の原稿を考えよう

本日のホームルームでは、明日の学園説明会に向けて、新しく大志に来る人がどんなことを知りたいかを考えて、発表の原稿を作りました。

どんな服装で行ったらいいか?

同学年は何人いるのか?

先生やボランティアさんはどんな感じなのか?

入ったばかりの人は自分が思ったことを、入って長い人は自分が入ったばかりの頃を思い出して考えた「聞きたいこと」を書いて、その後グループに分かれて、みんなが考えた「聞きたいこと」に答えるような発表原稿を考えました。

説明会に来る人たちに向けて、大志のことをわかりやすく紹介するために、それぞれのグループが協力して考えることが出来ていました。

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜