不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

さいたま校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
伊能 茉奈美先生

伊能 茉奈美先生

先生からのメッセージ
東京大志学園さいたま校では少しずつ自分の“出来ること”を増やして、みんなが笑顔になれる教室づくりを目指しています。「15分はやく起きられるようになった」「友だちと話すことができた」「苦手な問題が解けた」など、小さな“出来ること”でも少しずつ積み重ねていけば、大きな自信になっていきます。
私たちと一緒に“出来ること”をたくさん増やして、自信づくりをしていきませんか??
職員・大学生ボランティアスタッフ一同みなさんをお待ちしております!まずはお気軽にご連絡ください。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    通学:40,000円/月、週1回:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円(月4回、1回 90分)
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

さいたま校

さいたま校

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-69-5

  • TEL 048-657-9170
  • FAX 048-657-9169
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【お知らせ】高校進路説明・相談会を開催しました。

 東京大志学園では、学校に行きづらい中学生を対象とする高校進路説明・相談会を実施しております。第1部では過去に不登校経験のある現役高校生による「私の高校選び」、第2部では保護者と生徒が分かれてそれぞれ「高校選び」について説明やワークを行いました。第3部は質問など個別相談を実施しました。

 高校生による発表では「自分の高校選びのポイント」や「しておけばよかったこと(してよかったこと)」など、実際に中学生だったころを振り返った内容を話していました。

 次回の高校進路説明相談会は、7月30日(日)に東京大志学園本校(高田馬場)にて行われます。様々な高校の種類について情報収集や、今後の進路についてお考えの方は是非ご参加ください。

【学習支援】〜マヨネーズの謎・解決の旅〜

本日は課外活動「キューピーマヨテラス」に出かけ、「マヨネーズの歴史」・「マヨネーズの種類」・「マヨネーズの作り方」・「オリジナルマヨネーズ作成」と4つのブースを体験しました。

 「マヨネーズの種類」では日本だけではなく韓国のマヨネーズや中国のマヨネーズなど様々な国のマヨネーズに触れました。マヨネーズの容器も酸素に触れないように4層構造になっていたりと、新たな発見がたくさんありました。

 また、「オリジナルマヨネーズ作成」では、マヨネーズと様々な調味料を組み合わせ、「カレー粉とオニオンチップの組み合わせ美味しいよ!」「ママレード入れたらチーズケーキの味がする!!」など楽しそうに自分好みのマヨソースを作っていました。
 ぜひ家に帰って、今日のオリジナルマヨソースを家族に作って欲しいです。

【お知らせ】6/24(土)高校進路説明・相談会を実施します

学校に行きづらい中学生の生徒・保護者のための高校進路説明・相談会を実施いたします。

【日程】平成29年6月24日(土)
【時間】10:00〜12:15

【内容】
 第1部:不登校経験のある現役高校生の体験発表「私の高校選び」
 第2部:生徒、保護者別の進路説明
 第3部:個別相談

【参加費】お一人様500円

【お申込み方法】
@お電話にてお申込み
AHP上でお申込み⇒こちらからお申込みいただけます
Bこちらのチラシを印刷していただき、FAXにてお申込み

皆様のご参加をお待ちしております。

【学習支援】10円玉をきれいに磨くには?

 本日の理科の授業では、11種類の調味料を使ってどの調味料が10円玉をきれいにできるのか比較する理科実験を行い、銅の性質を学習しました。

 「あ、ピカピカになった!」、「この調味料は変化しないなぁ〜。」と生徒同士10円玉の変化を楽しみながら作業を進めていました。
 私たちが日常的に使っている調味料を使い、変化を実感することで学習しやすくなりました。

【学習支援】売れる商品を開発しよう!

 本日の集団授業、社会講座では経済の流れを「売る側」と「買う側」の気持ちになって考えていきました。売れる商品を開発しようということで『タブレットケースの開発』に挑戦しました!

 「こんな機能あったら絶対売れる!」「みんなが欲しいくらいの値段にしなきゃ…」など、子どもたちは売る側と買う側の気持ちになって商品を考えていました。途中商品の広告やアピールポイントなどをそれぞれが発表し、様々なアイディアが飛び交いました。
 経済の流れについて実際に経験することで、需要と供給の学習をすることができました。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室