不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

さいたま校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
伊能 茉奈美先生

伊能 茉奈美先生

先生からのメッセージ
東京大志学園さいたま校では少しずつ自分の“出来ること”を増やして、みんなが笑顔になれる教室づくりを目指しています。「15分はやく起きられるようになった」「友だちと話すことができた」「苦手な問題が解けた」など、小さな“出来ること”でも少しずつ積み重ねていけば、大きな自信になっていきます。
私たちと一緒に“出来ること”をたくさん増やして、自信づくりをしていきませんか??
職員・大学生ボランティアスタッフ一同みなさんをお待ちしております!まずはお気軽にご連絡ください。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    通学:40,000円/月、週1回:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円(月4回、1回 90分)
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

さいたま校

さいたま校

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-69-5

  • TEL 048-657-9170
  • FAX 048-657-9169
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【コミュニケーション力】池袋防災館〜自分のことをどうやって守る?〜

 本日は、池袋防災館に行きました。地震体験・救命講習・消火器の使い方・火事時の避難など様々な体験を行いました。

 救命講習体験では、実際に人形を使用し、胸骨圧迫のやり方や、AEDの操作の仕方について学びました。力の入れ加減や、角度、AEDパッドの正しい貼り方など細かいところまで一から指導を受けました。児童・生徒たちは真剣な表情で施設の方の話を聞き、「心臓マッサージほんとに大変!!」「こんな地震きたら怖いね…」など改めて救急の大切さ・災害の怖さを実感しました。

 災害・防災について学んだことを家族や友達と共有し、いざ災害が起きたときどうするかを考えて欲しいと思います。

【お知らせ】10/21(土)高校進路説明・相談会を実施します

学校に行きづらい中学生の生徒・保護者のための高校進路説明・相談会を実施いたします。

【日程】平成29年10月21日(土)
【時間】10:00〜12:15

【内容】
 第1部:不登校経験のある現役高校生の体験発表「私の高校選び」
 第2部:生徒、保護者別の進路説明
 第3部:個別相談

【参加費】お一人様500円

【お申込み方法】
@お電話にてお申込み
AHP上でお申込み⇒こちらからお申込みいただけます
Bこちらのチラシを印刷していただき、FAXにてお申込み

皆様のご参加をお待ちしております。

【学習支援】音楽祭に向け 〜ソプラノリコーダー・アルトリコーダーの練習START!!〜

東京大志学園さいたま校では11月の音楽祭に向けて、10月からLHRの時間にソプラノリコーダー・アルトリコーダーの練習・演奏曲決めを行っています。

ソプラノリコーダー・アルトリコーダーの練習では、「ドレミファソラシド」の音の出し方、指の押さえ方など基礎から学びました。練習中、「ゆ、指が届かない!」「音が違う!!」など様々な声が飛び交い、苦戦している姿が目立ちましたが、上手に音を出せた時の児童・生徒たちの表情はとても嬉しそうで、何度も一から練習を繰り返す生徒の姿が印象的でした。

今回の演奏曲として「銀河鉄道999」「ルパン三世」「紅蓮の弓矢」など沢山の候補があがり、曲の決定は次週に持ち越されました!どんな曲を演奏するのか、生徒たちの今後の成長がとても楽しみですね!

【学習支援】自分で調べて、自分で考えて、自分で打ち込んでみよう!!

東京大志学園さいたま校では、情報の授業があります。
今回は「自分の好きなもの・こと」についてwordを使用しレポートを作成しました。文字の大きさや色、フォントにまでこだわり、どう書いたら相手に伝わりやすいかを考えながらそれぞれパソコンに向き合いました。
「文字の大きさってどうやって変えるの?」「図の貼り付け方ってこうやってやるんだ!!」など大学生ボランティアスタッフに聞いたり、生徒同士で教え合ったりする姿が多くみられました。来週には児童・生徒の個性あふれるレポートが完成するのが今から楽しみですね!

【コミュニケーション力】お昼休み・休み時間

 東京大志学園では、4時間目と5時間目の間に、昼食のあとのお昼休みがあります。

また、その他にも授業と授業の間に10分間の休み時間があります。
その時間に生徒たちは、授業での疲れを取るように、趣味の話や昨日見たテレビなどを話したり、友達の似顔絵を描いたりしていました。

 昼休みでは、生徒たちと大学生ボランティアはお弁当を持ち寄り、一緒に昼食をとりました。昼食を片手にオセロの真剣勝負をしたり、おしゃべりをしたりと、楽しいお昼休みでした。
 中学3年生としては、受験が始まり、追い込みの時期。大変な時期であるからこそ、このような些細な時間の中で、友人や大学生ボランティアとの楽しい思い出もたくさん作ってほしいと思います。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室