不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

札幌校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
飯田 育実先生

飯田 育実先生

先生からのメッセージ
「チャレンジすることが楽しい!」そう思えるような教室づくりを心がけています。 札幌校は、自分のペースを大切にしながら、学習・課外活動等を通してみんなで学んでいける場所です。高校生と検定に挑戦したり、地域の方と触れ合ったり、一緒に「視野」を広げてみませんか?
教室の前に緑豊かな公園も広がり、子どもたちはとても落ち着いた環境で過ごすことが出来ます。東京大志学園で新しい自分を探す一歩目をみんなと一緒に踏み出しましょう☆★

実施しているコース

2019年4月 会費改定のお知らせ

  • 通学コース

    週2〜4日プラン:36,000円/月、週1日プラン:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    ファミリープラン:5,000円/月
    【入会金:10,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

札幌校

札幌校

〒003-0029
北海道札幌市白石区平和通2丁目北11−18

  • TEL 011-867-6218
  • FAX 011-867-6217
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】資格検定に挑戦!自分の武器を増やそう!

札幌校では、授業の中に「検定試験対策授業」があります。

電卓検定や漢字検定、英語検定、パソコン各種検定など、
自分の武器を増やすことができ、合格に向けて勉強に励む生徒も多く、
目標に向かってチャレンジする力を身に着けることができます。

【学習支援】個別学習から集団授業へのステップアップで学校復帰を目指す!

東京大志学園では、学校復帰・進学に必要な力を身に着けるための学習体制があります。
学校復帰をしたときに大切なのは時間を守って行動できることです。

個別学習指導に慣れたら“集団授業”へ段階的にステップアップして学べる環境があります。

【キャリア教育】中学生×高校生で行事を運営〜目標に向かってチャレンジする力を育む

札幌校では、連携するクラーク記念国際高校の生徒たちとの交流、一緒に行事を作り上げていく体験ができる環境を整え、将来像をモデリングできることで子どもたちの可能性を広げるサポートをしています。

昨日は、“教育シンポジウム”の運営を中学生と高校生が一緒に行いました。
司会・誘導・受付、それぞれ高校生がリーダーとなり、中学生とペアを組んで教えながら一緒に会を運営しました。

中学生は机の上で学ぶだけでなく、さまざまな体験活動等を通して、先輩方の背中を見ることで経験値を上げていくことができます。
初めての司会や誘導に「緊張した…」という声もありましたが、充実感溢れる笑顔が印象的でした。

【お知らせ】不登校に関する“教育シンポジウム”を開催しました

2月9日(土)、平成30年度2回目の【教育シンポジウム】を開催しました。
今回は「不登校の未然防止・早期対処に役立つコミュニケーションのあり方〜エゴグラムで自分のタイプを知っておこう〜」というテーマで、日本学校心理士会会長の山谷敬三郎先生(北翔大学学長)にお越しいただきました。

会の運営については、現在、東京大志学園に通う中学生と連携するクラーク高校の高校生がチームを組んで司会、誘導、受付を行い、それぞれの役割を全うしてくれました。

第1部は“不登校を経験した生徒の体験談発表”でクラーク記念国際高校に通う生徒2名が自身の体験を話しました。
作文発表を行い、学校に行かなかった中学生時代のことについてを振り返り、当時どのように思っていたか、、また、親・学校・友達の環境などについてを自分の言葉で語りました。

第2部は“山谷先生の基調講演”で、実際に子どもと関わる際に親・先生自身がどのようなタイプなのかを知っておく必要があるということで“エゴグラム”という交流分析を実際にワークとして会場で行い、それについて解説していただきました。
先生から、「人は過去と他人を変えることはできない。しかし、自分を変えることはできる。その変わった自分の影響を受けて、他人が変わる可能性は多いにある」ということを教えていただきました。

シンポジウム終了後は、希望者のみで「親の会」を行い、不登校やお子様の思春期の悩みについて共有、山谷先生からアドバイスをいただきました。質問や、今、悩みの中にある保護者様からの想いが聴かれました。

今後もこのような機会を大切にし、共に支援のあり方を考え、他の機関とも連携しながら子どもたちの元気を支えるサポートをしていきたいと思います。

東京大志学園札幌校では随時、ご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

ご参加いただいた皆様、有難うございました。


【学習支援】私たちが“政治に参加する”とは?〜社会科〜

私たちの暮らす地域には、どのような課題があるのだろう?
公民の教科書で学ぶ「政治」。
生徒たちは政治との距離を感じているようですが、実は教室内のもめごとを解決したり、自分たちの町について考えることも政治につながっているということを知り、少し興味を持ってくれたようです。

今日はパソコンを使って“調べ学習”!自分たちの町について歴史や課題についてをホームページから探るという学習を行いました。
「自分の住むマチの人口も知らなかった!」「魅力?なんだろう・・・」と色々な意見が飛び交っていました。
当たり前のように暮らしている町に目を向けて見ると、色々な課題や視点が見えてくることに気づいてもらいたいと思います。

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜